新「S-PHYRE RC9」インプレッション
住吉選手(愛三工業レーシングチーム)

2021/03/10

 

ロードコンペティションシューズのフラッグシップモデル「S-PHYRE RC9」

実際にレースの現場で着用されている選手に履き心地や使用感を伺いました。

 

第1弾は愛三工業レーシングチームに所属する住吉選手です。

 

file
プロフィール

住吉宏太 選手

熊本県出身 / 1991年7月1日生 / スプリンター

愛三工業レーシングチーム

1976年に愛三工業株式会社内で社員が主体となり、部活動として「自転車部」が設立されました。1987年の全日本実業団連盟への登録を機に、本格的にレース活動を開始。

その後、1992年に全日本選手権優勝、バルセロナオリンピック出場など、数々の実績を収めることができました。そして2006年、UCIコンチネンタルチームに登録して世界に挑戦。「グローバルな環境で活躍できる日本人の育成」をチームの理念として、日本を含めたアジア各国を転戦するUCIアジアツアーに参戦しています。

AISAN

関連リンク

FACEBOOK

Twitter

Instagram

FUJI BIKE

使用機材

バイク:FUJI

コンポーネンツ:DURA-ACE

アクセサリー:PRO

ヘルメット:LAZER

シューズ:RC9

 

前モデルと履き比べた感想はいかがですか?

 

前モデルと比べて、まずパッと見て色々なところが変わっているのがすぐに分かりました。

爪先部分のアッパーの強化、シューズを一周覆うように作られたサラウンドラップアッパー、

カカトをしっかり覆うように工夫されたヒールカップなど。

 

シューズを履いてまず感じたのは前モデルよりも高いフィット感があるという事です。

 

アッパー全体が硬くなっているので前モデルに比べて多少脱ぎ履きが窮屈な印象がありますが、

履いてしまえば高いフィット感を得る事ができました。

 

特にサラウンドラップアッパーは今までに感じた事のない良い感触で、

土踏まずからカカトまでを快適ながらもテーピングのようなもので固定されているような感触で

BOA®を強く締めなくてもフィットする感触を得ました。

 

file

 

昨年は前モデルとRC9Tも使用しましたが、硬さだけでいうと前モデルとRC9Tの中間といった感じで、RC9Tはアッパーの足首のところまで硬いという感じですが、新RC9は足首部分など快適に保ちながらも高い剛性があり、トラック選手やスプリンターの選手でも納得いく硬さであると思います。

 

Upper_technology_P-SH-RC901T
RC9T

 

つま先部分のアッパーも強化していることで

前モデルでは使用に伴ったヘタリが強いという懸念点がなくなり、

新RC9を使用し始めて3ヶ月半ほど経ちますが雨の中トレーニングしても

つま先部分を初めアッパー全体のヘタリは感じていません。

 

ただ、このつま先部分のアッパー強化により、サイズ感が少し変わったように思います。

前モデルと同じサイズで選ぶと横幅がキツく感じる方が多くいるのではないかと思います。

私も横幅がキツく感じたのでサイズは変えずにワイドサイズに変更しました。

 

シマノシューズにはワイドサイズや0.5刻みでサイズ展開があるので自分にあったサイズを見つけられると思います。

 

 

 

実際の走行では、どういったシーンでアドバンテージを感じますか?

 

実際の走行シーンではまず軽さがアドバンテージになると思います。

カタログ値によると前モデルと比べて2〜3g、RC9Tで9gとわずかではありますが、

手に持った瞬間から軽さは感じる事ができ、履いた時もフィット感向上も相まって軽さを体感できました。

 

また、BOA®を締め込まなくてもフィット感が高いので、長時間ライドしたときも

BOA®の締め過ぎによる足の痺れも減り、快適性能が上がっていると思います。

(BOA®の強弱も1ノッチづつ変えれるのも微調整が効いてストレスが少ないと思います。

 

あとはサラウンドラップアッパーの効果で、ソールの一部がアッパー化された事により

カーボンソールによる足裏の張りや痛みが改善されたことで、疲労軽減にもつながると思います。

file

 

一番気に入っている点があれば教えてください

 

個人的には剛性が高く、カカトがしっかりホールドされるシューズが好きなので、

RC902に関しては不満はないですが、特に気に入っている点としては、

カカト部分のズレを防ぐゴムの部分とサラウンドラップアッパーです。

 

file

 

サラウンドラップアッパーは本当に不思議な感覚で

足裏からくる感覚を感じ取れやすく、スムーズにペダリングする事ができ、

スプリントの際も踏み込めるのでとても気に入っています。

 

 

 

NEW「S-PHYRE RC9」

希望小売価格:42,000円(税別)

 

ソール剛性:12

重量:240g(サイズ42)

 

サイズ

36-48(ワイドタイプあり、39-43ハーフサイズあり)

限定カラーのレッドは39-44(ワイドタイプあり、39-43ハーフサイズあり)

 

カラー:ホワイト、ブルー、ブラック、レッド(限定カラー)

file
ホワイト
file
ブラック
file
ブルー
file
レッド(限定カラー)

シマノサイクリングシューズの

取扱店舗はこちら

file