デザインと
機能の調和

パッドの開発では、数々の課題を克服 しなければなりません。 なぜなら誰にでも好みがあり、意見も 異なるからです。 かつての発想は、パンツの座面に工夫することでした。 しかし現在、技術は猛烈な速さで進化しています。 自由な発想を持つエンジニアと情熱に満ちたライダーで構成されたシマノのS-PHYREチームは、インサイトや 分析ツール、コンピュータモデルを活用し、無数の試験を繰り返すことで、 次世代性能を備えたS-PHYREパッドを作り出しました。




  1. ターゲットサポート

    ライダーによる試行錯誤から生まれた新しい衝撃吸収テクノロジーは、 集中する衝撃を緩和し圧力を 均等に分散する素材を適所に配置。

  2. 通気性の制御

    革新的な3 mmスクエアーシェイプ 気孔を採用することで、あらゆる コンディションで優れた通気性と湿気管理を可能にしました。 軽量で柔軟性の高いTRSフォームパッドを使用しています。




  1. バリエーブルポジション

    厚みのある3Dパッド形状は、平地、登坂、 起伏の激しいフィールド、あるいは ドロップやアップライトポジションなど あらゆるポジションで快適性が持続 できます。

  2. シームレスインターフェイス

    ほとんどのパッドがボトムアップで 構築されるのに対して、S-PHYREは肌に触れる部分を滑らかにしています。また、サドルフェイスの適所には衝撃吸収素材を配置しプレッシャーポイントや摩擦を軽減します。