デザイン形状機能の調和

これまでの開発手法は、好みが一人ひとり違うパッドにおいても、実際に座って確かめるという手法がメインでした。全く新しい「S-PHYREパッド」は、今までとは異なる自由な発想を持つエンジニアと情熱に満ちたライダーからなるチームによって開発されました。理想を追求しコンピュータによる解析に加え、無数の試験を繰り返し、次世代の「S-PHYREパッド」を誕生させることに成功しました。

 
 
number1_01number1_02number1_03img01img02
number2_01

意志を持つかのように追従するパッド

深いスプリットデザインにより左右のウィングが分かれ、体の動きとともに自然に追従する。自由な動きは、より高いパワー伝達能力と快適性につながります。

number2_02

ターゲットサポート

ライダーによる試行錯誤から生まれた新しい衝撃吸収テクノロジーは、集中する衝撃を緩和し圧力を均等に分散するよう最適な素材を適所に配置。

number2_03

通気性の制御

優れた通気性を実現するために、革新的な3 mmスクエアーシェイプ気孔を配置。これによりあらゆる条件下でも快適性を維持します。

 
number1_01number1_02img03
number2_01

シームレスインターフェイス

ほとんどのパッドがボトムアップで構築されるのに対して、S-PHYREは肌に触れる部分を最も滑らかにしています。また、サドルフェイスの適所には最適な衝撃吸収素材を配置しプレッシャーポイントや摩擦を軽減します。

number2_02

バリエーブルポジション

厚みのある3Dパッド形状は、平地、登坂、起伏の激しいフィールド、また、ドロップやフードポジションにおいても快適性が持続されます。