涼しい?寒い?
両方?
そのすべての変化に対応

秋口から真冬まで、日々変化する外気温、ライダーのライディングスタイルによって異なる運動強度。冬のサイクリングライフを快適に過ごすにはどのようなウェアを選べば良いのかはライダー固有の課題でした。シマノが導き出した答えは、最適な組み合わせをご提案するテックレイヤリングシステムです。

 
 

秋口から真冬まで、
テックレイヤリングソリューション:

 

 
L1_01.png

L1 ベースレイヤー

ベースレイヤーは汗を素早く吸収拡散し、肌をドライに保ちます。

 

 

 

 
 
L2_01.png

L2 ミドルレイヤー

ミドルレイヤーは身体を保温するだけでなく、ベースレイヤーから湿気も放出。もちろん、冷気が入り込むのも適度に防ぎます。

 

 
 
L3_01

L3 アウターレイヤー

外側に着るアウターは、水しぶきや小雨、防風性や保温性にも優れ衣服内を暖かくし、最高のパフォーマンスが発揮できるよう体幹温度を最適に保ちます。

 
 

テックレイヤリングシステム

サイクリングウェアの最適なコーディネートは、外気温だけでなく、あなたの走り方(運動強度)によっても異なります。それぞれの役割を持たせた「L1ベースレイヤー」、「L2ミドルレイヤー」、「L3アウターレイヤー」の3つを組み合わせることで、日々の気温変化や走り方(運動強度)の変化にも柔軟に対応。秋口から真冬まで、シーズンを通して快適な走りを実現します。

 

 
L3_01

L3 アウターレイヤー