torbalLogo1
現状を打破するだけでは不十分。発想の転換が必要。

人間の足は柔軟性と弾力性の適正なバランスを取ってあらゆる種類の地面を征服しています。なぜオンロードサイクリング用のシューズはそうなっていないのでしょうか?SHIMANOは、挑戦的なトレイルライディングやレースには、保安性と安定性という要素に加えて、意外にも、本当に荒れ果てた道を走行するときに必要な屈曲性という要素を正しいバランスで兼ね備えた性能が要求されることを理解しています。


TORBAL (Torsional Balance:捻れバランス) は、ソールとクリートの接触面でのペダリング効率を最適化すると同時に、横方向の運動をある程度ヒール部に吸収させるという形でバランスとバイクコントロールを強化します。柔軟性は、ライダーとペダルに足の下で起こっている自転車の動きを効率良く伝えると同時に、あらゆる範囲に渡るライダー運動について快適性と柔軟性を維持します。

img01

捻れソールは、ライダーの自然な「横流れ」運動を阻害することなく、ソールの後部に横方向への屈曲性を持たせています。

 
 
 
 
img02 

Number 1耐久性のある接触部

ペダル接触部である爪先とヒール部は、グリップと耐久性の兼ね合いに関するSHIMANO規格の水準を高めています。

Number 2E拡大したクリート調整範囲

どのトレイルモデルまたは長距離耐久レースモデルでも、多種多様なライダーとライディングスタイルに対応するためにクリート調整範囲が広げられています。

      img03

 

Number 3高トラクションゴム

外縁のラグは、幅広い地域・地勢で優れた粘着摩擦性能を発揮します。

デュアル密度ラバーソール

トレイル長距離耐久マウンテンバイク走行の過酷な環境条件を想定した製品。

      michelinLogo1

 

P独自設計のMICHELINソール

SHIMANOとMICHELINは、ペダリング効率を犠牲にすることなくグリップ性能を上げるために、Dual-Density Rubber (デュアル密度ゴム) とStrategic Lug Placement Pattern (戦略的ラグ配置パターン) を組み合わせた新しいソールを共同開発しました。