シマノのバイク走行データ収集・分析サービス。

SHIMANO CONNECT Labは走行データをSHIMANO IDに紐ついているクラウドにアップロードすることで、さまざまなグラフ表示や地図表示を可能にします。走行データを解析・管理して、ライダーの能力やスキル向上をサポートします。

Log-in

SHIMANO CONNECT Labを利用するには、SHIMANO IDが必要です。 お住まいの地域でSHIMANO IDが利用可能かどうかは、こちらをクリックしてご確認ください。

どこで、どのように走ったかがわかる


ライド後、パワーメーターのデータから、フォースベクトルを確認することで、どこでどのようなペダリングをしたか、どこでより強いパワーを発揮したかがわかります。

またDi2の変速データから、走行中のギア比をふり返ることができます。

区間ごとのフォースベクトル

Force vector for each segment of your ride

各ポイントでのギア歯数がわかる

Check the number of gear teeth at each point

走行データの統計情報でパフォーマンスの向上を確認できる

 

これまでの走行時間や距離などを時系列で集計して、トレーニング効果をふり返ることができます。

また過去3ヵ月と現在のパワーカーブを比較することで、自分の成長を確認することが出来ます。

 

過去3ヵ月と現在のパワーカーブの比較

Compare your current power curve with that of the past three months

過去6ヵ月のトレーニングの振り返り例

Example of training review of the past  months

さまざまなグラフ表示や地図表示

ダッシュボード ダッシュボード
統計 パワーカーブ 統計 パワーカーブ
カレンダー カレンダー
アクティビティリスト アクティビティリスト
フォースベクトル フォースベクトル
マップ マップ
時系列グラフ 時系列グラフ
パワーカーブ パワーカーブ
統計 統計
ヒストグラム ヒストグラム


E-TUBE RIDE

E-TUBE RIDE

E-TUBERIDEを使用することで、目的地までのルートマップ、リアルタイムの乗車データ表示が視覚化できます。 スマートフォンで自転車に乗っている間のデータを記録します。

POWER METER TECHNOLOGY

POWER METER TECHNOLOGY

新しく誕生したシマノのパワーメーター。

フォースベクトルがあなたのペダリングを正確にデータ化し、可視化する。

自分のペダリングを知れば、より効果的なトレーニングが可能になる。

News

  • 2023/01/18

    ・Garmin向けフォースベクトル表示アプリ「Force Vector Viewer」が、Edge®1040 及び Edge®1040solarに対応しました。
    インストールの手順はこちらをご覧ください。

  • 2021/07/21

    ● Web連携設定をされた外部サービスへの走行データの転送に関して、下記の事象は解消しました。

    ・STRAVAへの転送に失敗する。
    データの再送信は、こちらの“(4)投稿”を実施してください。

    ・アクティビティリストで複数ファイルを選択したとき転送に失敗する。
    詳しくはこちら

  • 2021/07/09

    ● パイオニア社製以外のサイクルコンピューターからアップロードした走行データ(.FITファイル) の解析処理にかかる時間は短縮されました。

  • 2021/06/30
    新しいWebサービス”SHIMANO CONNECT Lab”を開始しました。