シマノサイクリングシューズ
- ラインアップと選び方のコツ -

2020/08/18
file

 

タイプ、サイズ、幅:シューズの選び方

 

バイクライディングが常に楽しく心地好いとは限りません。

自分の決めたゴールに向けて歯を食いしばり、必死にペダルを踏み込むことに意義を求めるサイクリストもいるでしょう。

しかし、だからと言って痛みや苦痛があって良いということにはなりません。

ライディングをより快適に、そして高いパフォーマンスを発揮する為には、あなたに合った最適なサイクリングシューズを選ぶことが非常に重要になります。

 

file


シューズのフィッティングは単にサイズを選べば良いということではありません。

シューズは立体的な形状を持ち、機能や特徴によりそれぞれ性格が異なっています。

シマノでは、オンロードからオフロード、コンペティションからツーリング、そしてユニセックスから女性用まで、幅広いラインアップを展開しています。

そして各モデルがそれぞれに適したサイジングとデザインを採用し、様々なライディングスタイルやシーンにおいて、より快適な走行ができるように作られています。
 

file

 

シューズのタイプ

あなたがプロレーサーであっても、ウイークエンドライダーあるいは通勤で自転車に乗るだけであっても、シマノでは用途に合ったシューズをご用意しています。

メインカテゴリーは大きく「ロード」「オフロード」「インドアサイクリング」の三つに分けられますが、それぞれの中でも用途やライダーのニーズに応じて分類がなされています。

 

file

 

シマノロードシューズはSPD-SLペダルと組み合わせて使用するよう設計されており、ロードレースからトライアスロン、トラックレース、そしてツーリングやレクリエーションサイクリングまでをカバーするワイドなラインアップが用意されています。

それぞれのシューズには用途や目的に合ったテクノロジーや素材、デザインが採用され、多様なライダーのニーズに応えることを可能にしています。

 

file
file

 

シマノオフロードシューズは、クロスカントリーからエンデューロレーサー、グラビディライダー、そしてマウンテンツーリスト、グラベルアドベンチャーライダーまでをカバーし、SPDペダル用に設計されています。

また、一部のモデルはフラットタイプのラバーソールを採用し、シマノフラットペダルと組み合わせて多様なライディングシーンでお使いいただけます。

 

file

 

インドアでのワークアウト用にロードやオフロードシューズを使うことはもちろん問題ありませんが、シマノではインドアサイクリング用にICシリーズをリリースしています。

非常に通気性の高い素材を採用することで暑さや蒸れに対処すると共に、スタジオの中を移動する際にも歩きやすいようにデザインされています。

 

file

 

シューズのサイズとウイメンズスペックについて

あなたのライディングスタイルや使用シーンに合ったサイクリングシューズが見つかったら、続いて適切なサイズを選んでいきましょう。

もちろん、一番のお勧めはシマノシューズ取扱店で実際に納得できるまで試し履きをしてみることです。

それができない場合はサイズ表を使ってのフィッティングを参考にしてみてください。

より細やかなフィッティングができるよう、ハーフ(0.5刻み)サイズを展開しているモデルもありますので合わせてご確認ください。

 

file

 

シマノでは女性向けにウイメンズスペックもご用意しています。

ユニセックスモデルと同様のテクノロジーやマテリアルを導入しながら、男性よりも細いことの多い女性の足の形状を分析して生まれたラストデザインを採用したモデルです。

女性の足により細やかにフィットし、パフォーマンスと同時に快適性を高めています。
 

file

 

シューズの幅について

最後にシューズの幅について説明してみます。

シマノシューズでは幅が広めな足のライダーにも快適に使用していただけるよう、一部のモデルでワイドタイプをご用意しています。

シューズ内部のボリュームを増やした設計により、さらに多くのライダーに対応することが可能となっています。

 

file

 

ワイドタイプを選ぶべきか判断する方法としては、先にも紹介したブランノックデバイスを使ってのフィッティングがあります。

もし、あなたの足が標準(男性の場合は「D」)より少しだけ幅広いような場合は、例えば44サイズを44.5サイズにするといったように、ノーマルタイプのままハーフ(0.5)サイズだけ大きなシューズを選ぶことで対応できるかもしれません。

それでもフィットしないようならワイドタイプのシューズを試してみるのが良いでしょう。

 

file

 

但し、全てのライダーにワイドタイプがフィットする訳ではないことは留意しておく必要があります。

足に対して幅の広すぎるシューズは不安定な足の動きや擦れを生じ、ペダリング効率のロスにも繋がるからです。

ノーマルタイプとワイドタイプ、どちらを選ぶべきか判断に迷う場合は、やはり実際に履き比べてみることをおすすめします。

感覚にピッタリとフィットするタイプを選ぶことで、より快適なライディングが実現できるでしょう。

 

file

 

あなたがどのようなタイプのバイクに乗っているのか、どんな場所をどれだけの頻度で走るのかを問わず、シマノはそれぞれのシーンに合った様々なタイプのシューズをご用意しています。

選択肢の多さに戸惑うこともあるかもしれませんが、自身のニーズにマッチしたモデルを見つけたら、後はサイズや幅を決めるだけです。

用途やスタイルに合った快適なシューズとの出会いにより、次のライディングが楽しみで待ち切れなくなるでしょう。

 

シマノサイクリングシューズの

取扱店舗はこちら

file