整備のヒント

交換時期は、ライディングの条件、地形、およびライディングスタイルによって異なります。摩耗する前の部品交換で、常に良好な状態が維持されます。

service-tips_hero-image
  • リアディレイラープーリー

    プーリーの緩みによる異音が聞こえる場合は、プーリーを交換する必要があります。

    リアディレイラープーリー

  • ケーブル (ブレーキおよびシフト)

    ケーブル (ブレーキおよびシフト)

    時期
    • 少なくとも1年に1回はプロの整備士に確認を依頼してください (ライディング条件によって異なります)
    • 摩擦や損傷が増加しているとき
    理由
    • 劣化の可能性
    • 摩擦によって生じたダスト
    • 錆の発生
    交換しなかった場合に起きる現象
    • ケーブルの切断
    • シフトや制動動作の問題
    注意
    • 予防メンテナンスが必要です
  • カセットスプロケット

    チェーンスキップやチェーン外れが頻繁に起こる場合は、チェーンリングとチェーンを交換してください。
    通常使用による自然発生的な摩耗や質の低下、および劣化に対する製品の保証はありません。

    カセットスプロケット

    時期
    • チェーンスキッピング、リアシフト動作不良
    • 3~5回のチェーン交換当たり1回
    理由
    • 劣化の可能性
    • 摩擦によって生じたダスト
    • 錆の発生
    交換しなかった場合に起きる現象
    • シフティングに関するトラブルが発生し、カセットスプロケットやチェーンリングの摩耗が加速します。
    注意
    • チェーンをきれいに保って潤滑することが、カセットスプロケットの寿命にとって重要になります。

チェーン

チェーンリングを中性洗剤で定期的に洗浄する必要があります。 また、チェーンを中性洗剤で洗浄して潤滑することが、チェーンリングとチェーンの長寿命化にとっての効果的な手段となります。
製品本来の機能を発揮させるために、 シマノの潤滑剤とメンテナンス製品を強くお勧めします。

  • チェーン 1

  • チェーン 2

  • チェーン 3

シマノチェーン伸びチェッカー

シマノチェーン伸びチェッカーにより、正確かつ簡単、そして迅速な方法でチェーンの伸びを点検できます。
チェッカーは、ローラーを同じ方向に誘導することで、ローラーとローラーリンクプレート間のクリアランスギャップがない状態でチェーンの長さを測定します。

時期
  • TL-CN42がチェーンの摩耗を示します。
理由
  • チェーンの摩耗
交換しなかった場合に起きる現象
  • シフト動作の問題、カセットスプロケットの早期摩耗
注意
  • 定期的な洗浄と潤滑によりチェーンの寿命が長くなります
  • チェーンの交換がより経済的です
  • SPD-SLクリート

    クリートは時間とともに摩耗するため、定期的に交換する必要があります。 クリートは、解除しにくくなったとき、または新品の状態のときよりもわずかな力で解除できるようになり始めたときに、交換する必要があります。

    クリート

    フロント

    リア

    A部

    SPD-SLクリート

    注意

    クリートのイエロー (SM-SH11) またはレッド (SM-SH10) またはブルー (SM-SH12) の部分が摩耗した場合は、クリートを新品と交換してください。
    フロント: クリートの下の黒い層が見えたときにクリートを交換してください。
    リア: 図のA部が摩耗したときに交換してください。

  • SPDクリート

    クリートは時間とともに摩耗するため、定期的に交換する必要があります。 クリートは、解除しにくくなったとき、または新品の状態のときよりもわずかな力で解除できるようになり始めたときに、交換する必要があります。

    SPDクリート

  • ブレーキシュー

    マルチコンディションブレーキシステムの最適な効率は、推奨する組み合わせのブレーキおよびブレーキレバーを使用することで実現されます。 溝が見えなくなるまでブレーキシューが摩耗した場合は、ブレーキシューを交換する必要があります。

    ブレーキシュー

    シューとシューホルダーには左右の指定があり、 正しい向きで取り付ける必要があります。 正しい方向とボルト穴の位置に注意しながら、新品のシューをスライドさせてシューホルダー上の溝に入れます。

    時期
    • 溝が消える前
    • 少なくとも1年に1回はプロの整備士に確認を依頼してください (ライディング条件によって異なります)
    理由
    • 交換のサイン
    • 劣化の可能性
    交換しなかった場合に起きる現象
    • 停止や速度の制御ができない
    • リムの早期摩耗、ブレーキシューの亀裂
  • ミネラルオイル

    リザーバー内のオイルが激しく変色している場合は、このオイルを交換するようお勧めします。 バッグ付きのチューブをブリードニップルに取付けてブリードニップルを開き、オイルを抜き取ります。 このとき、ブレーキレバーを操作してオイルを抜き取りやすくすることができます。 オイルを抜き取った後、取扱説明書の「ミネラルオイルの追加とエア抜き」を参照しながら、新品のブレーキオイルを注入します。 シマノ純正ミネラルオイルのみを使用してください。 不要になったオイルは、国および地域の当該の規制に従って処分してください。

    ミネラルオイル

  • ディスクブレーキパッド & ローター

    ブレーキ操作中にノイズが発生する場合、ブレーキパッドが使用限度まで摩耗している可能性があります。 ブレーキシステムの温度が十分に下がったことを確認してから、ブレーキパッドの厚さを確認してください。 厚さが0.5 mm以下の場合は、ブレーキパッドを新品に交換する必要があります。 ディーラーまたは代理店にご相談ください。
    ディスクブレーキローターが割れたり変形している場合は、 ブレーキの使用を直ちに止め、ディーラーまたは代理店にご相談ください。
    ディスクブレーキローターが厚さ1.5 mm以下まで摩耗している場合、またはアルミの面が現れている場合は、ブレーキの使用を直ちに止め、ディーラーまたは代理店にご相談ください。 ディスクブレーキローターが破損し、転倒の恐れがあります。

    • ディスクブレーキパッド & ローター 1

    • 2 mm

      0.5 mm

      ディスクブレーキパッド & ローター 2

    オイルを追加した後にオイルがブレーキパッドに付着している場合、ブレーキパッドが厚さ0.5 mmまで摩耗している場合、またはブレーキパッド押さえバネがローターと干渉している場合は、ブレーキパッドを交換してください。

    時期
    • パッド材の厚さが0.5 mm未満
    理由
    • 交換のサイン
    交換しなかった場合に起きる現象
    • ローターの損傷 (より多くの部品代が必要になります)

ブレーキパッドの交換

注意:

このブレーキシステムは、ブレーキパッドの摩耗に対応してピストンの位置が徐々に移動し、ローターとブレーキパッド間のクリアランスを自動的に調整するようにデザインされています。そのため、ブレーキパッドを交換するときは、ピストンを元の位置に押し戻す必要があります。

オイルを追加した後にオイルがブレーキパッドに付着している場合、ブレーキパッドが厚さ0.5 mmまで摩耗している場合、またはブレーキパッド押さえバネがローターと干渉している場合は、ブレーキパッドを交換してください。

  • 1. 図のように、ホイールをフレームから外してからブレーキパッドを外します。

    割ピンの場合

    割ピン

    ブレーキパッドの交換 1

  • 2. ピストンと周辺部分を清掃します。

  • 3. 平面状の工具を使用して、ピストンをひねらないように気を付けながら、ピストンをできるだけ奥に真っ直ぐ押し戻します。 ピストンを鋭利な工具で押さないでください。 ピストンが損傷する恐れがあります。

    • ピストン

      ブレーキパッドの交換 3_1

    • ブレーキパッド

      割ピン

      パッドスペーサー (レッド)

      ブレーキパッドの交換 3_2

      • 新品のブレーキパッドと割ピンを取付けてから、パッドスペーサー (レッド) を取付けます。 この後、割ピンを曲げて開きます。

  • 4. ブレーキレバーを数回握って、操作感が硬くないか確認します。

  • 5. パッドスペーサーを取外し、ホイールを取付けてから、ローターとキャリパー間に干渉がないか確認します。 これらの部品が接触している場合は、取扱説明書の「キャリパーの取付けとホースの固定」を参照しながら調整します。

ローターの取付け

  • センターロック方式の場合

    ローター取付けロックリング

    TL-LR15

    センターロック方式の場合

    締付けトルク: 40.0 - 50.0 N·m
    {350 - 437 in. lbs.}

6ボルトタイプの場合
  • 1. ローターとローター締め付けプレートをハブに取付けてから、ボルトを取付けて締め付けます。

    ハブ

    締め付けプレート

    ディスクブレーキローター

    ローター取付けボルト
    (ヘクサロビュラ#25)

    6ボルトタイプの場合 1

    締め付けトルク: 2.0 - 4.0 N·m
    {17 - 35 in. lbs.}

  • 2. 手袋を着用して、ローターに力をかけて時計方向に回します。 このようにしながら、 ローター取付けボルトを図に示す順番で締め付けます。

    6ボルトタイプの場合 2

  • 3. マイナスドライバーまたは類似の工具を使用して、締め付けプレートの端をボルトヘッドの方に曲げます。

    締め付けプレート

    6ボルトタイプの場合 3

ノーズカバー (ノーズキャップ)

12スピードおよび11スピードリアディレイラーに付属するノーズ付きカバーは、ケーブルの表面を保護し見た目の美しさと性能をキープする役目を持っています。 全てのポリマーコーティングケーブルにはノーズカバーが付属しますので、 ケーブルと一緒に新しいものに交換してください。 これらの入った袋はファイルボックス前部にテープ止めされています。

ノーズカバー (ノーズキャップ)