ミッドソール
テクノロジー

ミッドソールテクノロジー

レザーアッパーにつながるようにミッドソールをデザインすることで、ソールがライダーの足に密着するようになります。
これによりソールの厚みを低く抑えてフィット感を向上させ、ペダリング中に足をしっかりと固定することができます。
これによってパワーロスを軽減します。

シームレスミッドソール構造

従来の構造 シームレスミッドソール構造 ラスティングボード 低い
スタックハイト
インソールシームレスミッドソール構造

スタックハイトを低くすることでペダルストロークを安定させ、ペダリング効率を最大限に引き上げます。

ロード

シマノのエンジニアと研究チームによる調査の結果、スタックハイト(ソールとペダル軸の距離)を低くすることでペダルストロークが安定し、パワー伝達効率が向上されることが分かりました。スタックハイトを低くすることは、ペダルを踏み込む時に特に重要です。
ミッドエンドからハイエンドシューズとTR501トライアスロンシューズには、プロフェッショナルレベルのRC9シリーズのS-PHYREシームレスミッドソール構造を採用しています。

ミッドソール構造

1.フィット感を
   調整する
2.ミッドソールを
   持ち上げる
2. 3.ミッドソールと足の密着度を高めるFor Road

ロードシューズ:スタックハイト

シューズ ソールの厚さ
(mm)
ミッドソール
構造
ソールの底から
アッパーの内側まで
SPD-SL RC902 4.9 X
RC902T 4.9 X
RC702 5.5 X
RC502 6.5 X
RC300 6.5 X
RC100 10.0  
TR901 6.6  
TR501 6.5 X

MTB

MTBシューズでも同様に、スタックハイトを低く抑えることでペダリング効率とバイクコントロールを向上させます。
すべてのシマノのMTB レーシングシューズには、オリジナルミッドソール構造を採用しており、すべてのレベルのライダー向けに安定かつ効率的なペダリングを提供しています。

ミッドソール
構造

For Road

オフロードシューズ: スタックハイト

シューズ ソールの厚さ
(mm)
ミッドソール
構造
ソールの底から
アッパーの内側まで
SPD XC902 4.7 X
XC702 5.9 X
XC502 5.9 X
XC300 5.9 X
XC100 5.9 X
RX800 9.1