DYNA-SYS

dyna_sys

SHIMANO’s next generation 10-speed MTB drivetrain SHIMANO presents the drivetrain technology for mountain bikes: DYNA-SYS. This revolutionary technology uses a 10-speed cassette, but that is not the only feature of this system. Highlight is a completely redesigned drivetrain that creates real added benefits for the rider. It’s not only an extra gear… It’s about closer gear ratios for a smoother shifting performance and improved power transfer It’s about riding optimized gear combinations that improve efficiency and durability It’s all about performance: DYNA-SYS offers a more stable drivetrain for any type of rider! Inherently Efficient A wider-range 11-36T 10-speed HG cassette means riders can spend more time in their primary driving gear—the 32-tooth ring. Traditionally, triple-ring riders have had to get used to making two to three recovery shifts in the back every time they drop into the 22T granny. With DYNA-SYS, it’s just one recovery shift, and it’s needed less often. Shifting is smoother and faster thanks to closestep gear ratios—42-32-24. Getting from the 24-tooth ring back into the primary driving gear—the middle ring—is easier and more intuitive. And a more manageable 42-tooth big-ring is also easier to get into, which means riders will use it more. DYNA-SYS technology makes the shifting transitions seamless, enabling riders to deliver consistent, efficient power while maintaining traction and momentum. When pedaling in steep climbing sections... Combining wider gear ratios with the closestep chainring minimizes cadence change and pedaling loss, making power transfer more efficient. Remarkably Stable An asymmetrical mountain bike-specific chain means smoother shifts, lighter weight, and better overall system performance. Closestep gear ratios mean smaller jumps between gears, more efficient chain movement and a reduced chance of dropping a chain while shifting in rough conditions. The more efficiently redesigned cable routing and shorter rear derailleur housing helps make the system less prone to contamination, trail chatter or suspension movement. The compact cage rear derailleur and a smaller big-ring allow for fewer chain links, which translates to a quieter, more stable transmission. The long-arm rear derailleur architecture increases the mechanical advantage for advanced light action shifting. DYNA-SYS closestep gears are based on the 32T middle chainring, helping make overall power transfer more efficient The 32T is the most effective and most often used chainring in off-road riding. DYNA-SYS technology minimizes the variation in driving chain position relative to most bikes’ effective main pivot, reducing unwanted influence on suspension performance.

ダイナシスの特長

ワイドレンジ11-36T 10スピードHGカセットスプロケットを採用。 これにより、MTBで最も効率的で頻繁に使うフロント32Tミドルチェーンリ ングをより多く使えることになります。これまで、トリプルを使うライダーは 22Tインナーチェーンリングに移す場合、2・3度リアを変速しなければうま くいきませんでした。ダイナシスでは、それが1度で済み、しかもその必要 性も少ないというメリットがあります。42-32-24Tというフロントクロスレ シオに歯組みを設定したことで、スムーズなフロント変速が得られます。特 に、24Tインナーギアから頻繁に使用するミドルギアへの変速が容易で思 い通りの操作が可能。また、スピードを上げる42Tアウターギアへの変速も 容易であることから、アウターギアもダイナミックなライディングに活かせ ます。

ダイナシステクノロジー。シフティングの段差を滑らかにし、ライディング の勢いを落とすことなく、高効率なパワーの持続をライダーに提供します。

〈急な上り坂でのペダリング〉

dyna_sys_1.jpgカセット カセット チェーンリング チェーンリング 【従来モデル】

ワイドギアレシオ・カセットとクロスレシオ・チェーンリングとの組み合わせにより、ケイデン スの変化とペダリングロスを最小に抑え、高効率パワー伝達を実現。

ダイナシステクノロジー

非対称のマウンテンバイク用HG-Xチェーン。よりスムーズなフロント&リ ア変速、そしてより高性能なドライブシステムを実現しています。 フロントのクロスレシオのギアコンビネーションは、悪路でのシフティング においても、ギア間でのチェーンジャンプが少なく、動きをスムーズにし、 さらにチェーン落ちを減少させています。

より効率のよいケーブルルーティングとリアディレイラーのコンパクト設 計により、余分な突起物が少なく、悪路での音鳴りを低減し、さらにサスペ ンションの動きによるペダリングロスを軽減しています。

コンパクトケージのリアディレイラーは、フロントクロスレシオ採用により、 少ないチェーンリンクでの使用を実現。より静かでより安定した変速シス テムを可能にしています。10スピード専用リアディレイラーはさらに進化 したアドバンスド・ライトアクションを実現しています。

ダイナシスのクロスレシオ・ギアは32Tミドルチェーンリングをベースに 設計、トータルなパワー伝達効率を追求しています。

  • リアを11-36Tとワイド化する一方で、フロントを9段の44-32-22Tから 42-32-24Tクロスレシオにしています。アウター、インナーギアを2Tず
  • つミドルギアに近づけ、つねにチェーン位置がリアサスペンションのピボッ ト位置に近くなり、ペダリングロスが軽減されます。
dyna_sys_2.jpgサスペンションの ピボット位置