ICE TECHNOLOGIES FREEZA

ICE TECHNOLOGIES / FREEZA

アイステクノロジーとフリーザディスクブレーキローター構造を組み合わせることですばやく放熱されるので、過酷な条件下で制動性能が安定し、パッド寿命が延び、ブレーキの減衰やノイズが軽減されます。

特長と機能

    1. 表面のアルミ層セグメント上に放熱ペイントを施した軽量クラッドローターにより、あらゆる条件下で優れた冷却機能、安定したブレーキ性能、軽い動作を追求しています。
    2. アルミ/ステンレス製フィン付きクラッドブレーキパッドですばやく放熱されるので、メンテナンスが減り、パッドの寿命が延び、ブレーキの減衰やノイズが軽減されます。
ITF01
ステンレス
アルミ

 

アイステクノロジーとフリーザでブレーキ性能が安定し、パッド寿命が延び、ブレーキの減衰とノイズが軽減されます。

ステンレススチール+アルミ+ステンレススチールという軽量で高性能な3層サンドイッチ構造では、放熱性を高めています。

温度が140°C低下
(ステンレススチール ディスクブレーキローターとの比較)

高放熱ペイントによりさらに10°C低下
(SM-RT900およびRT-MT900に使用)

 

 

ITF02
ディスクブレーキ
ローター温度 (°C)

高放熱ペイントを使用
-100°C
-140°C
-150°C
シマノ独自のテスト環境

 

 

関連するテクノロジー